Research

Amazing things are happening here! 

日常現場で遭遇する気づきや疑問、困難を出発点に、常に研究と実践の連関をはかりながら、以下の研究課題に取り組んでおります。先進的な研究ベースの実践を国際発信すること、そして研究を通した学びの国際交流を目指しています。

Scholarly Interests 
  • Mixed instrumental/ interdisciplinary ensemble practice
  • String education and pedagogy  
  • Young children's creativety in musical context  
  • Comparative and international topics in music education
Publication (selected)

Akutsu, T. (2014). Recognizing children’s creativity in the context of violin lessons: A video-based study in Japan and the U.S. Journal of Educational Research. No.29. pp.73-86. Tokyo Gakugei University.

Akutsu, T, Gordon, R. & Noguchi, K. (2013). Critical pedagogy and children’s musical flow: Curriculum design and assessment. In S. Lawrence (Ed.), Critical practice in P-12 education: Transformative teaching and learning. PA: IGI Global.

Akutsu, T. & Takeshi, K. (2013). Relation of the music instruction of traditional Japanese music and the Western music in the Meiji: Process of shakuhachi and violin note publication and the background of Nakao Tozan. Bull. Tokyo Gakugei University, Division of the Arts and Sports Science, 65. Pp.1-14. Tokyo Gakugei University. 

Akutsu, T. (2008). On Finding Your Path. Strings (May 2008 Edition). Strings

安久津太一(2016)「幼児音楽教育への提言—ニューヨーク市ハーレムにおける実践を通して」吉富功修•三村真弓編著『幼児の音楽教育法—美しい歌声を目指して』ふくろう出版

安久津太一・竹澤栄祐(2015)「音楽による共生の学び—教員養成課程におけるフルート集団授業を通したナラティヴ研究」『共生科学』Vol.6. pp.29-42

小川昌文•安田寛•水戸博道•戸谷登貴子•安久津太一•長谷川真澄(2012)「音楽教育の研究•理論は実践にどこまで有効•有用か:大学教員と教育現場出身の研究者グループによるコラボレーションプロジェクト」『音楽教育学』第42巻第2号pp.88-89 日本音楽教育学会

 

Workshop at New York University ニューヨーク大学(NYU)にてワークショッ「物語・美術•音楽のコラボレーション」